ミュゼの契約書はどんなことを書くのですか?

ミュゼの契約書には、契約者の住所、氏名、生年月日等を記載します。
未成年であるか否か、未成年なら親権者の同意を得られているのか、契約者は、契約書に記載されていることを了承しているのか等をチェックします。
また、施術を受けるコースの詳細や金額等も記載されており、契約内容に同意しているということを証明するためにサインをするのです。
契約書は本当では無いことを書く事は出来ません。
例えば、成人した友人の保険証を使って成人だと偽って契約する等はもっての外です。
万が一、何かあった場合に大変なことになりかねません。
また、モラルとしても当然のことですね。
数年前までは、契約の際に、クレジットカードの契約を勧められたそうですが、現在は、クレジットカードの勧誘は無いようです。
もし、分割払いを希望してクレジットカードを持っていない場合は、勧められることもあるかも知れません。
しかし、無理強いされることはありませんから、安心して契約に行きましょう。
分からないことは、担当者に納得できるまで質問して不明点をなくしてから契約しましょう。
また、契約後にもクーリングオフの期間が設けられています。

ミュゼカウンセリングの詳細はこちら → ミュゼ カウンセリング